カテゴリー別アーカイブ: 幸田町プロジェクト1 号

贅沢な時間

 

IMG_2329-01 IMG_2344-01 IMG_2333-01

IMG_2335-01 IMG_2358-01 IMG_2354-01

秋の天気はとても変わりやすく、10月の初日は荒れ模様。

気温差に油断して、久々の風邪をひいてしまいましたが、先週末の童心に返った長閑なポタリングのひとときを思い出すと元気になります。きっと笑顔が免疫力を上げているのでしょう。

 

自然のパワーに感謝です!

 

愛知県額田郡幸田町のメゾン・ド・シャンピニオンの周辺も稲穂が下がり、コスモスが咲き、穏やかな時間が流れています。

ゆっくりとしたリズムの中で心に余裕をもち生活できることは、これからの将来、とても贅沢な時間になるでしょう。

子供の時にそういう時間を是非作って、心身の丈夫な大人へと成長してほしい、そんなわたしたちの想いがつまったコミュニティーハウスです。

苗木の成長

IMG_20150717_095628

愛知県岡崎市の山間で、奥山の自然林からその下の人工林、里山を再生させるプロジェクト「天使の森」

岡崎市内の3つの小学校では、額田地域にある「天使の森」近辺のドングリの種子から苗木育てをしています。今年2年目を迎えた苗木は、この秋にいよいよ植樹の予定です。

遠く離れた水源地の森を育み、おいしい水やきれいな空気を何時までも絶やさないようにしようと皆で協力して育てています。

こどもたちの元気いっぱいで好奇心に満ちている姿を見ていると苗木が成長し美しい森が百年後に形成されていると確信できます。

NPO法人アースワーカーエナジーの天使の森活動にかかわることで、メゾン・ド・シャンピニオンの自然のリズムと共に暮らす健康住宅の考えも日々成長しています。

家庭菜園で健康な暮らしをつくる

写真

東京都内で見かけた光景。1000平米以上の土地に一坪位の家庭菜園がひしめいています。自分の食べる野菜を自分で作る喜びと安全で確かなものを求める人が増えてきているのがわかります。

幸田町の健康住宅「メゾン・ド・シャンピニオン」でも安全な暮らしを家庭で育むことができるよう、それぞれに菜園が用意されています。春に向けてどんな種を蒔こうか、それとも四季を愛でる花壇にしようか、楽しみは広がります!

自然の恩恵、「太陽光」を上手に取り込む大きな窓

IMG_1180

今日は一年で一番、陽の射す時間が短い冬至です。 夜は柚子湯に入りこの冬を元気に乗り切るようにしたいと思います。

さて、メゾン・ド・シャンピニオンは自然の恩恵、「太陽光」を上手に取り込むことにより快適な温度を保てるように窓を大きくした家になっています。窓ガラスが大きいと寒いのでは? 夏は紫外線や暑さは?という疑問がすぐに出てくると思いますが、low‐E ガラスという中外の熱反射を区別するものを使用しています。 このガラスは、太陽の輻射熱を反射するフィルムが複層に含まれていて、遮熱と断熱の機能がペアガラスより高く、ガラスの透過性はそのままになっていながら紫外線をカットするという利点もあり、窓ガラスが広々とした空間を演出するだけではなく四季を通じて快適な空間を作り出します。

太陽のポカポカとした暖かさを感じ、自然光の中で生活できることは健康を作る一つの要素と私たちは考えています。

11月29日、30日の見学会を終えて

2014.11.29kengakukai

11月29日、30日のメゾン・ド・シャンピニオン幸田町の見学会にご参加くださり、誠にありがとうございました。

見学会を終え改めて思うのは、マイホームを購入するということは本当に大きな買い物であること。住まわれる方の生活を良くも悪くもする大きな責任を私たちが担っているということを接客を通して感じました。

こういうことを書くと軽い気持ちで家を作っている会社と思われるかもしれませんが、自然素材を使った注文住宅を長年してきているという経験だけに頼るのではなく、これからの社会や自然環境の変化に柔軟に対応するのはもちろんのこと、第一にお客様と同じ目線に立ち「自分がもしこの家に住んだとしたら…」というリアルな感覚で、原点に戻ることをし続けてゆきたいです。

今回お客様よりいただきました貴重なご意見は、様々な形で改善していこうと思います。ありがとうございました。

JR 相見駅より現地まで実際に歩いてみました

20141015blog1 20141015blog2 20141015blog3 20141015blog4 20141015blog5

台風もようやく去った秋晴れの日に、JR 相見駅より現地まで実際に歩いてみました。
駅を降りて少し進むと学生たちが楽しそうに下校している姿、夏から秋に移行する畑の景色が目の前に広がり、心地よい風が吹いていました。立ち止まって花の写真を撮ったり、近くの運動公園に立ち寄ったりして、1時間弱で現地に到着。駅から真っ直ぐ歩いていれば、45分ぐらいでしょう。
すぐ近くに幸田コミュニティバスの停留所があり、車を使わずに役場や駅に行きたい時には便利だと思いました。
この幸田町プロジェクト1号は、立地選びに長い時間をかけてきました。根気よく探した甲斐もあって、ここから眺める京ケ峯に連なる山々はとても大きく見え、気持ちが伸びやかになりました。また、住宅の庭や畑などのあちらこちらに柿の木や無人販売店もあって、筆柿の里ならではの長閑な光景は、自然のリズムと共にゆったりと暮らす場に相応しいなぁと感じました。