夏の日の思い出

DSC_0820

今年の夏は全国的に早くから猛暑続きで、ニュースでは連日最高気温が更新される中、高齢になる母を連れて瀬戸内海に面している香川県に病院検査と避暑を兼ねて数日滞在しました。

お盆過ぎには暑さも和らぐと天気予報の通り、最高気温は下がってきたものの、まだまだ34度と夏真っ盛り。

しかしながら都市の街とは異なって自然豊かで長閑な田舎街は結構過ごしやすく、木陰に入れば不快を感じずに風も抜け、なるほどコンクリートやアスファルトに囲まれていないからだろうと身体が教えてくれました。

親子でのんびりとした時間を過ごせ、今年の夏もいい思い出アルバムができます!