自然の恩恵、「太陽光」を上手に取り込む大きな窓

IMG_1180

今日は一年で一番、陽の射す時間が短い冬至です。 夜は柚子湯に入りこの冬を元気に乗り切るようにしたいと思います。

さて、メゾン・ド・シャンピニオンは自然の恩恵、「太陽光」を上手に取り込むことにより快適な温度を保てるように窓を大きくした家になっています。窓ガラスが大きいと寒いのでは? 夏は紫外線や暑さは?という疑問がすぐに出てくると思いますが、low‐E ガラスという中外の熱反射を区別するものを使用しています。 このガラスは、太陽の輻射熱を反射するフィルムが複層に含まれていて、遮熱と断熱の機能がペアガラスより高く、ガラスの透過性はそのままになっていながら紫外線をカットするという利点もあり、窓ガラスが広々とした空間を演出するだけではなく四季を通じて快適な空間を作り出します。

太陽のポカポカとした暖かさを感じ、自然光の中で生活できることは健康を作る一つの要素と私たちは考えています。