夏の薬膳スープ

IMG_2082

8月23日は、二十四節気の「処暑」 。

暑さのピークはこれまでと告げるように連日の熱帯夜からようやく解放されて少し過ごしやすくなりました。

しかしながら、同時に夏バテのピークに達しているとも言えます。冷たいものを連日食べて、冷房で冷やされた体は、代謝が悪く浮腫や怠さが蓄積されています。

子どもの頃から母が必ず作ってくれた冬瓜のスープを今年も作りました。

冬瓜は利水・解毒作用があり、体の余分な熱を冷まし、豚肉は体力回復に、ショウガは冷えた体を温める効果があります。

大きい冬瓜から作った沢山のスープを友人たちにお裾分けしましたが、体が欲していたようで、残りはあっと言う間に自分一人で食べてしまいました。

そのお陰で体の芯に力がみなぎっています。離れて暮らしている母にも感謝です!